正しいブラジャーの着け方

| 未分類 |

ブラジャーを着用して何年も経過している人でも、正しい着け方を行っている人は意外と少ないものです。まず肩紐を腕に通したらホックを通す時は前かがみになるのが基本です。前かがみの状態のままホックを留めて、カップの中にバストを納めていきます。このときに背中や脇の方向から余った肉をかき集めるイメージで肉を手繰り寄せることが重要です。両方のカップにバスとを納めたら上半身を元に戻します。その後カップが下がらないように肩紐を調節し、集めた肉がバストを盛り上げている状態がキープできるようにしましょう。
ブラジャーの中心が浮いていたり、肩紐が食い込んだりバストがつぶれてしまっている状態であれば、正しい着け方であってもカップのサイズが間違っている場合が考えられます。
そのためそのような場合は専門の下着ショップなどでプロにバストを計測してもらい、ついでに正しい着け方をレクチャーしてもらうと良いでしょう。
ブラジャー次第でバストの見た目は大きく異なるため、今までは貧乳で悩んでいた人が1カップも2カップもサイズアップするということも大いに有り得ます。
バストにコンプレックスを抱えている人は一度見直して見ることをお勧めします。