スポーツをする前には、けがの予防のためにもストレッチが欠かせませんが、実はダイエットにもとても効果があります。例えば、骨盤のゆがみを直すことでダイエット効果を高める方法がありますが、ゆがんでいるのは骨盤だけではありません。
特にダイエットに合わせてバストアップ効果も兼ねているのが肩甲骨のストレッチ。肩甲骨は両肩の下にある、やや出っ張った大きめの骨ですが、左右にあるこの骨は、骨盤と同じように開いたり閉じたりする動きをします。この開き具合と、ゆがみによって、太りやすい体質に変化させてしまったり、猫背にしてしまうので注意が必要。普段から意識して胸を開き、背筋を伸ばすように心掛けるだけでも自然とバストアップ効果が望めます。
さらに注目したいのは、肩甲骨の周りにある「褐色脂肪細胞」。これは脂肪を燃させる効果のある細胞で、刺激し活性化させることで、より高いダイエット効果が期待できます。
例えば、両腕を頭の後ろに組み、肘を水平にしながらやや後ろにそらしていくことで、姿勢が良くなり、徐々にバストアップしていきます。肩周りのストレッチは、体温を高め、結果、基礎代謝も上がるので、お風呂上がりなどに気軽にやってみるのもおすすめです。